離婚問題

Divorce

Divorce

離婚問題
多くの方が離婚問題で悩んでいます。
離婚の際には決めなければならない問題が沢山あります。
一人で悩んでほしくない。
これが当事務所の願いです。
人生のより良い再スタートのお手伝いを致します。

客観的で冷静な判断ができる

離婚の話し合いは、当事者が感情的になり冷静な判断が出来なくなる場合があります。
離婚には、親権、養育費、財産分与等いろいろな問題があり、より冷静な判断が求められます。
また、離婚に伴う決めごとの優先順位や早期解決の希望、経済的合理性の追求など、ご相談者の方々により求める結果は千差万別です。
弁護士が代理人となることで、冷静な状況分析と希望に沿った最良の解決に向けたカスタムメイドな対応を行うことが出来ます。

交渉に伴うストレスから解放され平穏な日常生活を送ることができます

当事者間での話し合いは相当なストレスになります。
また、このストレスが原因で仕事などの他の日常生活に影響を及ぼしては困ります。
弁護士を代理人とすることで、交渉に伴うストレスから解放され、平穏な日常生活を送れるというメリットは大きいと思います。
勿論、離婚条件の食い違いが、法的にはどのように判断されているのかを示すことで、相手に対して離婚条件の歩み寄りを促し、話し合いでの問題解決(協議離婚)をスムーズに行うことが期待できます。

調停離婚

協議離婚が成立しなかった場合は、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることになります。
離婚調停は、調停委員が間に入って離婚の話し合いを進める手続きです。
調停委員は地域の有識者で構成され、当事者双方からの意見を集約し離婚から生じる様々な問題を解決へと導きます。
また、離婚調停には裁判官が関与することから、より充実した離婚の話し合いが期待できます。
しかし、離婚から生じる問題について十分な知識がなければ、ご自身の考えを主張することは困難です。

裁判離婚

離婚調停でも問題が解決されない場合には、裁判によって当事者双方から提出された証拠や尋問に基づいて裁判官に判断してもらうことになります。
裁判からの関与も可能ですので諦めずにご相談下さい。

ご相談

法律相談 : 平日/午前9時30分〜正午、午後1時〜午後5時
営業時間 : 平日/午前8時45分〜正午、午後1時〜午後5時15分
定休日 : 土/日/祝祭日
予約制となっていますので、事前にお電話かお問い合わせメールフォームにてご連絡下さい。
お電話でお問合せ
メールでお問合せ
page-top